스크린샷 2021-11-29 16.01.42.png

LST
BIO CODE

​Life Signal Transduction BIO CODE

scroll

LST バイオコードとは

* スキンローションとして老若男女問わずにお使い頂けます。

* 保湿作用があり、潤いを与えながら滑らかくきめ細かい肌に導きます。

* 弾力のある若々しい肌を取り戻します。

* 男性の方はアフターシェーブローションとしても最適なローションです。

* 子供にはベビーマッサージのツールとしてお使いできます。

* 普段のスキンケアで一番始めに使います。 

* Pb4bをお使いならその前後に使うといいです。

* バイオウェーブテラピーでのヘッドスパーに使われます。

保湿効果はヒアルロン酸の約3倍とされ、同濃度では粘度が少なく、高い保湿効果があります。また、肌を包み込むように膜を張り、他の化粧品成分が肌に浸透するのを助けると言われています。肌の免疫細胞の刺激効果としては、樹状細胞(ランゲルハンス細胞)を刺激してメラミン色素を貪食させる、アトピー症状を抑える、日焼け・創傷を癒やすという効果が期待できます。また、β-グルカンは肌に浸透してマクロファージや繊維芽細胞を刺激し、マクロファージの出すインターロイキン-1や、NFkーβにより繊維芽細胞によるプロコラーゲン生成を誘因し、それがコラーゲンとなってシワを改善するのです。外から塗るだけのコラーゲンとは本質的に違います。

各細胞と意思疎通が可能な生体言語技術で、細胞固有の免疫、毒素排出、再生機能など様々な機能を成分の注入なしで生体信号の伝達により、自ら活性化させることができる技術です。従来の医学がハードウェア(生体)に関する体系であれば、LSTはソフトウェア(生体の機能)を通じてアクセスする方法であり、外部から影響力を与えるのではなく、DNAの中に内在していた機能から望む結果を得る方法です。LSTを利用すると、皮膚に負担をかけず、固有の機能と健康を取り戻すように誘導することが可能です。

lst.jpg

LST バイオコードの特徴

00:00 / 01:04