温熱療法(おんねつりょうほう)

生体内にエネルギー注入しこれを熱源とし生体治療を行う医療行為ないし代替医療である。 全身をあたためることにより、新陳代謝を促進して老廃物を除去し、血液やリンパの流れをよくする。

温熱療法が効果である根拠として、次のようなことが考えられる。


経絡 - 気の流れ(経絡)には「ツボ」があり、そのツボから気が出入りすると考えられる。ところが、そのツボを中心に気の流れがとどこおり病気になる。熱刺激によって気の流れをスムーズにするのが治療目的である。(代替医療)


血管系 - 熱刺激によって動脈も静脈も拡張する。拡張すれば血流が増加し循環がよくなる。循環の悪い状態を瘀血(おけつ)状態と呼ぶが、血管拡張作用によってこの瘀血が改善される。(代替医療) 炎症理論 - 炎症は生体内・生体外からのあらゆる刺激に対する生体反応である。その反応の主体は免疫システムの発動である。温熱刺激が免疫システムのスイッチを入れると考える。


がんの治療 - がん細胞周辺は血流が少なくなるため酸性に傾いて温度感受性が高くなる傾向が認められる。また、がん細胞自身が熱に弱く、体内では細胞が熱に耐える機構自体ががん細胞に対して働きにくくなるため、総合的に見て温熱療法の殺細胞効果が有効なケースがある。

조회 0회

B&F株式会社

〒169-0074​東京都新宿区北新宿4-15-10-203

TEL : 070-3286-1119

(C)B&F株式会社bnf.website All rights reserved.