バイオサーモ(温熱)

RF   (Radio Frequency)

人体に深部熱を発生させ、細胞を活性、自然治癒力及び抵抗力を高めて、代謝率増加、血管拡張、筋肉弛緩、神経リラックスを通じて、痛みはもちろん皮膚‧肥満等の健康管理など多様な用途で使用可能にした先端機器です。 バイオサーモシステムは皮膚表面に対する刺激ではなく、生体熱(深部熱)エネルギーを利用して人体内外部を刺激します。

Compact size

 携帯に適したサイズで持ち運びやすく、広範囲での使用が可能に!

Low cost

 サイズ縮小技術により原価節減が可能で、個人使用が容易に!

High performance

 使用者に優しいユーザー‧インターフェイスを採用し、優れた操作性と高効率‧高出力を実現!

細胞の活性化効果

生体熱エネルギーの上昇により血管が拡張し、血液循環の促進(酸素、栄養素の供給)、異常をきたした細胞機能の正常回復(細胞の新陳代謝活性化)、リンパ循環の促進(毒素、老廃物を排出)、ホルモンバランスを正常化させ、 老化防止、細胞組織を活性化させる。

筋肉、結合組織に与える効果

生体熱エネルギーにより、筋収縮や神経収縮を引き起こすことなく、自然に弛緩され、弾力性に影響を与え、痛みを 和らげる。

脂肪の分解効果

脂肪層まで無理なく温度が上昇することにより、脂肪層まで体脂肪が分解されやすくなり、脂防の蓄積を最小限に抑え、溶け出した脂肪を皮膚の表面や尿を通して排出する。

リフテイング効果

生体熱エネルギーにより真皮層のコラ一ゲンを活性化させ、肌に弾力を与えることで、小皺を改善する効果がある。

宿便除去

深部熱による腹部温熱効果で腸運動が促進され、宿便除去に効果がある。

その他の効果

繊維性コラーゲンの増加、血流量増加、 細胞機能増進等を通した緩和に適用します

 

 

手足の冷え

血液循環が円滑でない時からだが冷たくなります。高周波を発生した深部熱は血管を拡張させ、血流量が増加するので全身 隅々まで血液循環が良くなります。

 

 

冷え性および生理痛

腸が弱っていたり、血液循環が円滑でない時からだが冷たくなります。高周波を発生した深部熱は体の奥深い部分から暖め全身に伝達するので回復効果 が得られます。

1 / 1

Please reload

1.スリミング効果

エレクトロードと皮膚との抵抗を減らしてスリミング効果を向上させてくれます。

施術時の抵抗を減らし、お客様にはリラックス感を感じられるようにする役割をします。

2.電気の効果

専用クリームは誘電率を考慮し製作された特殊なクリームです。

3.静電気防止の役割

周辺環境及び皮膚の乾燥は静電気が発生します。電気の特性上末端に集まる性質があり、主に指先やつま先で静電気がたくさん発生します。高周波の機械的なスパークと考える現状の多くの部分は上記のような静電気が多く、乾燥した時にこのクリームを全体に薄く塗ってみてください。静電気を防ぎます。

4.有効成分吸収効果

高周波の深部熱が体内から体外へ排出される時に細胞が活性化状態で有効成文の吸収率が高まります。専用クリームは有効成分の吸収率をより一層向上させた商品です。 

1 / 1

Please reload

バイオサーモのラジオ波

1. RFボタンを押してrFを選択します。

2. 施術部分に応じてプローブを選択します。

(FACEまたはBODY) 施術前専用高周波クリームを施術部分に固まらないよう伸ばし塗ります。スタートをクリックし、INTENSITYを押してレベルを調節します。

バイオサーモの高周波灸

灸は種々の寒冷性疾患に有効で施術時の人体の気を瀉す。

(瀉:余分な気を抜くこと)鍼の瀉方とは異なり、気を補する効能がある。

虚弱体質による疾患や慢性疾患に効果を発揮する。現代医学な報告では組織細胞の機能を促進し,免疫機能,赤血球のヘモグロビンを増加させ,止血,鎮痛,病理組織除去作用がある。

バイオサーモの高週波灸の利点

1.火を使わずに熱を発生させる

2.火傷の危険がない

3.表皮だけではなく、深部分まで熱刺激ができる

4.温度と時間の自由な設定が可能(無線リモーコントロール付き)

​使用方法

1. お灸陶磁とプレートは温水で拭いてください。

2. 腹部温熱お灸とプレートを取り付けます。

 (プレートは全面が肌に密着するように付着してください)

  *冬には肌の状態が乾燥するので、ウェットティッシュなどで

     プレート取付位置にしっとりとしてください。)

3. 本体の電源を入れます。

4. モードを確認します。

 (最初に電源を入れるとAbが表示され、ボタン側に青色点灯)

5. 時間を調節してください。(初期30分)

6. スタートボタンを押して開始します。

7.  INTENSITYボタン(UP)を押して、適切なレベルに設定します。

   2〜3分後に腹部が暖かくなり、リモコンを使用して調整します。  

  (DOWN)

8. リモコンとして活用してお使いいただくと、安全で快適な使用が可能です。

バイオサーモのEMS

1. 部分にパッドをEMS専用ゲルを塗って取り付けます。

2. モードでLOWボタンを押してP1-P2-P3-A1-A2-A3から1つを選択します。

3. 初期時間は30分に設定されているが、本人に合わせて調節可能です。

4.  INTENSITYを押してレベルを調節します。

1 / 1

Please reload

B&F株式会社

〒169-0074​東京都新宿区北新宿4-15-10-203

TEL : 070-3286-1119

(C)B&F株式会社bnf.website All rights reserved.